アスペルガー症候群の大人に見られる特徴

img07

アスペルガー症候群には三つ組の特性というものが見られます。
一つ目はコミュニケーションの特性、二つ目は社会性の特性、三つ目は想像力の特性です。

 

・一つ目のコミュニケーションの特性についてです。
アスペルガー症候群の人は言いたいことを言うことは得意でも、会話の流れや内容を理解できていない場合があります。
これは文脈に全く関係ない突飛な話題を話しだしたり明らかな誤解が何度も生じるという点から理解できます。

 

・二つ目の社会性の特性についてです。
アスペルガー症候群の人は悪気なく相手の感情を理解できなかったり、場にそぐわないことをすることがあります。
一見自分勝手で自己中心的な行動のように見えるのですが、本人は悪意があってそうしているのではなく、文脈や場の雰囲気を読むことが苦手なため結果的にそうなっているだけのことが多いです。

 

・三つ目の想像力についてです。
アスペルガー症候群の人は興味関心が偏っていて特定のことしか楽しめなかったり、一度決めたことを変えにくいという傾向があります。
周囲からは融通のきかない人だと見られがちで、これも本人の対人関係に影を落とします。

 

このような問題は子供だけではなく、大人のアスペルガー症候群の人にも見られます。
これらの結果、たび重なる人間関係の失敗により自己肯定感が低くなったり、人に対する恐怖心不安感が芽生えている場合も少なくありません。
それによって更にコミュニケーションが取れなくなっている場合が多く生じています。

 

>>アスペルガー症候群の症状を良くするプログラムはこちら